スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合気道3回目。

今日もシロさんと降園後、合気道にいってきましたぞ。

相変わらずテレテレなシロさんではありましたが、剣術の時間には
先生に超ほめられ、やる気満々になっていました。

そう、シロさんは褒めて育てるタイプの人なんでした。

先日こんなことがあったのです。


風邪から鼻がかるーい蓄膿にまたもやなってしまったので、耳鼻科へ通ってました。
最初は小児科に通ってたんだけど、薬だけでは治りきらないので。

で、小児科はさすが小児科だけあって、子供にとってつらめな治療が終わると
先生と看護婦さんで盛大に褒めるのです。褒めて褒めて褒めちぎるんですな。

母はあまり気づかなかったのだけど、シロさん的にはこれはすごく重大な儀式だったみたい。

で、耳鼻科ですよ。

耳鼻科は子供も多いけど、普通に大人も多いわけですよ。さらに患者数が半端なく多い。
数をこなすことに必死で、先生、看護婦さんともそんなに余裕がないのです。

耳鼻科で行われる治療は、シロさんにとってはもう苦痛MAXに近い状況で
逃げ惑い泣き叫び押さえつけられながら必死に耐えるわけです。

なのに、ああ、なのに。
先生も看護婦さんも褒めてくれないのですよ。

その時はシロさん何も言わなかったのだけど、夜寝る前に私に言うのです。

「今日褒めてくれへんかった・・・。○○○せんせい、褒めてくれへんかったぁ~~~~~!」

おお~ぅ・・・・。褒めてほしかったのねい。
褒めて欲しかったの?と聞くと、

「褒めてほしかったぁぁぁ!シロちゃんな、褒めてほしいねん!!」

まさに4歳児の魂の叫び!


と、こういう事があってから以前にもましてなるべく褒めるようにと心がけてたんだけど
なんせすぐ色々な事が忘却の彼方・・・な私ゆえに、かつ、そんな当たり前の事
なんで褒めなあかんねん・・・的考えが根っこの部分にある私ゆえに、
どうもきちんとできてなかったのですよ。

ところが、今日ね。目の当たりにしたのです。

褒められて、褒めちぎられて、活き活きキラキラしだすシロさんを。

すごく目からウロコだった。ああ、こういうことなんだ・・・っていうことが
考えだけでなく、実体験として理解できた、という感じ。

本当に始めはしぶしぶ、テレテレ竹刀を振ってたシロさんが、先生に褒められるたびに
動きが大きくなり、声も大きくなり、嬉しそうに、楽しそうに、もっともっと!と
先生に向かっていくのですよ。

すごく感動しました。

帰宅後オトサンにその話をしたら

「子供ってそういうもんやん。つまり調子にのってるってこと?」

いや、ちがう!そうじゃなく!!ま、いいや。あれは見ないとわかんないと思うから。


新しい経験は、新しい視野や考えをもたらすものだから、気になった事は基本すぐに
体験します、な私だけど、今日は本当によい経験をさせていただいた、と感謝です!

うおー!

テーマ : 犬と子供のいる生活 - ジャンル : ペット

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かいつぎ

Author:かいつぎ
犬2+娘1の生活記録。
たまに旦那様とのことも。

嘉一郎(クロ):FCR
2000年7月16日生まれ
2010年2月10日永眠

継之助(シロクロ):ESS
シロ  :娘
おとさん:旦那様

●「くろしろくろしろ」10月30日までの日記

スポンサードリンク

リンク
フリーエリア

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

里親募集中

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。