スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育児の方向転換

出産してほぼ5年。
子育てについて悩まなかった日々は一日としてないと断言しても
過言ではないダメダメな私ですが。

母親としてのあらゆる事がマイナスに振れてしまっている・・・・・と
自分で感じた時は、プラスに戻すべく、色々なことをします。

子供の寝顔をみたり、
過去に買った育児本を読んだり、
フルーツバスケットを読んだり。(って、えー)

しかし今回はなかなかプラスに戻らなかったので(それも、えー)偶然目にした
新しい育児本を買ってみました。てへ。まだ買うかー。

色々読んでも、基本モノ忘れが激しいので(激しすぎるので)、あっという間に
忘却の彼方なんですが。とりあえずいつもプラスには転じるので
そういう意味ではいいかなと。


「否定しない」子育て

他のおかーさんにはどうかはわかりませんが、今の私的にはかなりビンゴでした。
読者からの投稿に答える形の一問一答形式なんですけど、
その質問内容が普段私が悩んでいる事そっくりそのままで。

無意識にオレが投稿を??

と、思うぐらいそのままだったんですよー。
いやー、世の中のお母さんって、おんなじ事で悩んでるんですねー。
ちょっと安心。

基本「褒める」事がわりと苦手なんですが。
例えば「生きる」事の根幹に関わる食事について。
シロさんはいまだにすっごく食事に時間がかかるわけですよ。
で、やっと完食したとしても、褒めたいと思わないというか。(鬼やねん・・・)
食べなきゃ生きていけないんだから、食べて当然、食べられるだけでも
ありがたいと思えというか・・・。
でもなー。あまりにも最近大人目線になってたよなー、と反省。

以前「モンテッソーリ」系の育児書を読んだ時は、かなり心に響くものがあって
結構穏やかな日々が送れてたんだけど、どこからまたマイナス方向へ??

寝た後シロさんがペタペタと起きてきた時、あ~あ、な心境だったけど
そりゃあ目が覚めて1人だと怖いよな・・・とも。そして思い出したんでした。
自分がどれだけびびりだったかを。(今だにびびりやし)

子供の頃、1人で暗い部屋とかいけなかったし(小学生の時でさえ)
高校生になっても、外の自販機にジュースとか買いに行くのも、家族に
窓からみていてもらわないといけなかったし。(どんだけ・・・汗)

今回この本を読んで、自分が子供の頃の事を、本当にたくさん思い出した。
と同時に「シロさんごめんよ」という気持ちでいっぱいになったのでした。

この本を読んで、猛省して、けど、結局また忘却の彼方なのかも、だけど、
反省できる時は反省していた方がよかろう・・・。

とりあえず6月1日の今日から心を入れ替えて、この方向でやってみるつもりです。

テーマ : 犬と子供のいる生活 - ジャンル : ペット

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かいつぎ

Author:かいつぎ
犬2+娘1の生活記録。
たまに旦那様とのことも。

嘉一郎(クロ):FCR
2000年7月16日生まれ
2010年2月10日永眠

継之助(シロクロ):ESS
シロ  :娘
おとさん:旦那様

●「くろしろくろしろ」10月30日までの日記

スポンサードリンク

リンク
フリーエリア

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

里親募集中

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。