スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東へ西へ

NEW CARがやってきて以来、初めての大活躍状態の一日でした。
いや、ずっと活躍してたんですけど、今日は東へ西へと。

去年からずっと温めていた企画、というほどたいそうなものではないですが、
やっと満開の蓮の花をみる事ができました!

草津市立水生植物公園みずの森

去年ロータスの美しさに目覚めて以来、夏になると一面蓮の花になる琵琶湖を
みたくてうずうずしてたのですが、去年はうずうずしすぎて(なんだそりゃ!)
見頃の時期を逸してしまっていたのでした。

今年ももう6月頃からうずうずしすぎて、あわや!な状態になりましたが、
なんとか満開の時期に滋賀へ行く事ができましたよ!

こんな風に見渡す限り、蓮の花!

080805-1.jpg

至近距離からも撮影!

080805-2.jpg

もう、どこをどう撮れば一番綺麗にとれるの?と少々焦りながらも
バシャバシャ撮りました。

080805-3.jpg

オトサンに何か言いつけている様子のシロ。

080805-4.jpg

蓮を背景にシロさんといい感じで思い出写真を撮りたいオトサンと
わが道を行っているシロさん。

080805-5.jpg

施設内の池にはこんなのも浮いてました。

080805-6.jpg

大きな花を咲かせる見渡す限りの蓮。
言葉で言いあらわせないです。

「綺麗」だけでは、何か足らず、かといって「美しい」では少しだけ的外れなような・・。

ただひとつ確実に言える事は、とても「素敵な風景」だったこと。
あとから思い出しても、いつでも私を幸せな気分にしてくれる風景でした。

この後お弁当を食べ、施設内をもう一度見学した後は、ぶーーーーん!と
西方面へとってかえします。おお返し?

そう、『ポニョ』。
シロがみたがっていた『崖の上のポニョ』を親子3人で見に行きました。

私は宮崎さんの作品では、やはりナウシカ、ラピュタ、あと、カリオストロの城が
大好きなのですが、今回はポニョは見終わった後、いろいろと突っ込みどころは
あったものの、楽しい気分にさせてくれる作品でした。

ポニョに関するテレビ番組内でみかけたのですが、今回のポニョは子供達に
つくったとのこと。

そしてその子供、シロは本当に心から映画を楽しんでいました。
映画が始まった瞬間から、もう、ワクワクしているのが手にとるよう。

どのシーンででも、笑ったり、私の方をみて驚いた顔をしたり、
そんなシロさんをみて、とても幸せな、満ち足りた時間を過ごせたのでした。

そういう意味では、宮崎さんのポニョは子供を楽しませただけではなく、
その親も幸せにしてくれた、といえるかもしれません。

あと、やっぱり子供の描き方が秀逸。
特にポニョのが、ダンダン、足踏みするところは個人的にすごくお気に入り。

今年の夏休み、一番の思い出になりました!

テーマ : 犬と子供のいる生活 - ジャンル : ペット

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かいつぎ

Author:かいつぎ
犬2+娘1の生活記録。
たまに旦那様とのことも。

嘉一郎(クロ):FCR
2000年7月16日生まれ
2010年2月10日永眠

継之助(シロクロ):ESS
シロ  :娘
おとさん:旦那様

●「くろしろくろしろ」10月30日までの日記

スポンサードリンク

リンク
フリーエリア

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

里親募集中

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。